TOKYO BOMB

Vol.2

 

彼女の名前は、日本よりも海外での方が有名かもしれない。2006年、イタリアの美術書籍出版社、DRAGO社から発売されたとある写真集が、 ヨーロッパを中心に120万部を売り上げた。出版不況が叫ばれるなか、驚異的な数字と言える。写真集のタイトルは『Samurai Girl』。秋葉原に代表される"ヲタク文化"をテーマに、女の子たちを撮りおろしたフォトと、マンガやTVゲームのグラフィックとを、デジタル手法を取 り入れながら独自の感性でミックスした非常にユニークな写真集だ。ヲタク文化を具現化した作品集などほぼなかった当時、『Samurai Girl』は、恐らく日本人以上に日本の独自文化としてこのカルチャーに熱視線を注いできた諸外国の人びとに、熱狂的に受け入れられることとなる。

 

 

She might well be more famous overseas than in Japan. In 2006, Italian publisher Drago Arts & Communication released her photo collection which sold 1.2 million copies mainly in Europe. With the publishing industry struggling, this is an extraordinary figure. The title of that photo collection is ‘Samurai Girl’. It’s an extremely unique collection of images, featuring a mix of girls’ photos, manga and TV game graphics, digital techniques and original creativity, and based on the theme of otaku culture which represents Akihabara. At a time when there was almost no collections of works that embodied otaku culture, people overseas, who watch this culture that is so uniquely Japanese with even more interest than the Japanese themselves, went crazy over ‘Samurai Girl’.

 

 

石川涼(VANQUISH)をホストに、VANQUISHルックブック上でスタートした対談コンテンツ『TOKYO BOMB』(トーキョー・ボム)。第2弾のゲストは、その『Samurai Girl』の作者、Julie Watai(ワタイ・ジュリ)。主に写真家として活動する彼女は、音楽活動もこなし、時にアイドルとなり、根っからの"ヲタク"で、そしてなにより、その キュートなルックスとは裏腹に、戦い続けてきた女性なのである。

"TOKYO BOMB", an interview section started in VANQUISH Lookbook, is hosted by Ryo Ishikawa (VANQUISH Director) and the second guest of the series is Julie Watai, the creator of that’Samurai Girl’. Mainly a photographer, she’s also involved in music, is sometimes an idol, can be called a true otaku and, above all, in contrast to those cute looks, is a girl who keeps on fighting.

 

 

"わかりやすさ"があれば、色んなものをすっ飛ばして、たくさんの人に届く – Julie Watai
"If it’s easy to understand, so many things can be expressed and reach lots of people" – Julie Watai

 

 


©KIDDY LAND Rilakkuma
©2012 SAN-X CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

― 以前、Julieさんはご自身のことを「カオス」と表現されました。Googleで「Julie Watai」を検索すると、Julieさんのホームページが最上位で表示されるんですが、そのホームページにアクセスしてみると、確かにカオスだな、と。 プロフィールのページも、ほとんど英語で…。Julieさんのことを調べれば調べるほどわからなくなると言うか…。
Julie:私、好奇心がすごく強くて、「これがやりたい」と思ったら、すぐに始めて、のめり込んでしまうんです。その結果の集合体が今の私なので、秋葉 原だったり、ヲタクのカルチャーに詳しくない人には、「何やってる人なんだろう?」になってしまうと思います。意図的にカオスな状態を作っているわけでは ないんですが…。
― かたや、涼さんは、「わかりやすいこと」を大切に、これまで仕事をされてきたと思います。
涼:例えば、政治家とか、僕が全然ダメだと思うところは、わかりにくいところ。
Julie:本質を突いてますね(笑)。
涼:表現が極端だけど、小学生でもわかるように提案すれば、もっと国を動かせるんじゃないかなと思う。
Julie:そうかもしれません。

 

 

―Julie, you said once that you’re chaos. We Googled ‘Julie Watai’ and your website came out top, but when we checked it out, it really does seem like chaos. Even your profile page was mostly English… It was like the more we tried to find out about you, the less we understood…
Julie: I’ve gotta lot of curiosity, when I find something I wanna do I just do it and get really into it. Collectively, that’s resulted in what I am now and I guess people who aren’t really up on otaku culture and Akihabara wonder "What does she do?!" It’s not like I deliberately try to create chaos though…
―On the other hand, Ryo, the way you’ve worked up till now, you think it’s important to keep things simple
Ryo: Yeah, like take politicians, the worst thing about them for me is that they’re really difficult to understand.
Julie: You get straight to the point, don’t you? (Ha, ha!)。
Ryo: This is an over-the-top way to say it, but if they’d propose something that even an elementary school kid could understand, I think it would get the country moving more.
Julie:Could be so.

 

 

涼:あと、今はネット社会になってるから、どの国の人が見ても、何を表現しているのかがすぐに伝わった方が、勝ちやすい。チームラボハンガーもそう。仕掛けとして説明不要でしょ?世界と戦うとなると、わかりやすさがこれからますます重要になってくると思う。
Julie:チームラボと言えば、今、メディアアートと呼ばれる表現分野にすごく勢いがあって、チームラボはその最先端をいっているんですが、彼らの表現 はとてもわかりやすい。だからみんな好きになってしまう。従来の芸術作品は、一般の人の理解を拒絶するかのような難解で長ったらしい説明がまずあって、そ してその向こうにようやく作品がある、みたいな構図があったと思うんですけど、彼らの表現はそういうものをすっとばして、色んな人に娯楽として届くように なっているのがすごい。
涼:なるほどね。
Julie:私も、作品を書籍やムックで一般に流通させようとする時は、わかりやすさを意識しないといけないなと思っていて、2冊目の写真集では、女の子 と機材、つまり、フェチとフェチを組み合わせて、タイトルも『はーどうぇあ・がーるず』にして、私なりにわかりやすく、POPに表現しています。
涼:(『はーどうぇあ・がーるず』をペラペラめくりながら)ちょ、ちょっと!気付かなかった!これJulieちゃんじゃないの!?
Julie:あ、はい。モデルとしても出ています。
涼:おっぱい見え過ぎじゃない!?

 

 

Ryo: We’re becoming an Internet society too, so something that anyone anywhere around the world can get straight away what it’s trying to convey is more likely to come out top. Like the teamLab Hanger. That doesn’t need any explanation, right? If you’re competing on a global level, it’s even more important to keep things simple.
Julie:Talking about teamLab, they’re really active in what’s known as media art; they’re at the forefront of that expressive art, but what they’re trying to express is really easy to understand. That’s why everyone can’t help but like it. Traditional artwork first had really long difficult explanations that seemed to just want the public to refuse to understand it, then finally you’d have the work in some kinda composition, and it’s amazing that what the artists wanted to express could reach so many different people as a form of entertainment.
Ryo: I see.
Julie:The same with me, when I circulate my work to the public through books and ‘Mooks’ (book magazines), I’ve gotta be aware of keeping it simple. In my second photo collection, I express pop and basically I put together two fetishes, girls and equipment, the title as well is ‘Hardware Girls’, so I made it easy to understand.
Ryo: (Flicking through a copy of ‘Hardware Girls’) Whoa, wait a minute! I just realized, this is you?!
Julie:Ah yeah, I’m a model in it too.
Ryo: You’re showing a bit too much cleavage, aren’t you?!

 

 

― (笑)ここで改めて、Julieさんとはどういう人なのか?ということについて迫ってみたいと思います。まずはアイドルとしてデビューされるんですよね?
Julie:はい。アイドルをやっていた時は、いわゆるわかりやすい大手事務所に入って、わかりやすいタイアップをつけてもらって、CDも5枚くらい出し て…、という流れに乗せてもらいました。ひとつのパッケージ、ですね。すべて事務所がお膳立てをしてくれて、自分はそれに乗って与えられた役割を演じるだ け、という。実はその時、もともとモノづくりが好きだったので、アイドルになって私に注目が集まれば私の作品にも注目が集まるんじゃないか、っていうよこ しまな考えがあったんです。
涼:うんうん。
Julie:でも、ファンの方も、アイドルとして作られた私に興味があるのであって、作品なんかにはまったく興味を持ってもらえなくて…。そのうち事務所との契約も切れたので、そのままアイドルを辞めました。
― そのあと、イタリアに行かれるんですよね?
Julie:それまでに築いていたキャリアだったり、多くのものを失ってしまったんですが、アイドルをやりながらも写真は撮り続けていたので、色んな人に 作品を見せたりしている過程で、あるイタリア人の編集者の方から、「こういうジャンルは今ないから、アートの世界で写真集を出してみる?」と誘っていただ いて。ただ、初めは外国の編集者の方が「これだ!」と思うような写真がどんなものかわからなくて、それで、「このままじゃラチが明かない!外国で出版する なら外国人の日本観を学ばなきゃ!」ということで、イタリア行きを決意しました。お金もなかったですけど、しがらみもなかったので、勢いで行けちゃいまし た。

 

 

―(Ha, ha!) So going back, we want to know what kind of person you are, Julie. You started off as an idol, right?
Julie:Yeah, when I was an idol I was simply with a big agency and they got me to do easy tie-ups, I brought out 5 CDs too…that was the way it went. It was like a package, you know. The agency did everything and I just got on board and played the role they’d thought up for me. At that time, as I’d always liked creating things, I figured kinda wrongly that if I became an idol and got attention, it’d get attention for my work too.
Ryo: Hmmm.
Julie:But the fans, even though they liked the idol that had been created of me, they weren’t interested in my works at all. Then the contract with the agency ran out and so I just quit being an idol.
―That’s when you went to Italy, right?
Julie:Building up my career that far, I lost a lot of things, but I’d kept taking photos while I was an idol, and shown lots of different people my work. An Italian editor said that this kinda genre didn’t exist yet, so would I be interested in releasing a photo collection in the art world? But to start with, I didn’t know what kinda photos a foreign editor would want and I realized I wasn’t gonna get anywhere like this, so if I was gonna get published overseas I’d have to learn how the people there saw Japan. So I decided to go to Italy. I didn’t even have any money, I just went!

 

 

涼:そうしてできたのが『Samurai Girl』なんだ。でも、どうしてヲタクのカルチャーをテーマに選んだんだろう?
Julie:それは、私がヲタクだからですね。小学生の時から同人誌をつくったり、夢は漫画家になることだったりしたので…。でも、私、絵が下手で (笑)。写真なら絵が下手でも撮れるじゃないですか。しかも、パソコンを使ってCGで合成とかすれば、思い通りの作品ができあがるんです。「これは面白 い!」ということで、一気に写真にのめり込みました。
涼:へー、そうだったんだ。
Julie:ヲタクのカルチャーをテーマに選んだ理由はもうひとつあって、当時、わかりやすく「これが秋葉原カルチャーです」と提示した作品集はなく て。"ポップアート"、"ヲタアート"の文脈で知られているのが村上隆さんくらいだったんです。だからうまく流行に乗れたのかな、と。外国の学校が、 『Samurai Girl』を図書館に置きたいということでけっこう買ってくれたりもしたらしいです。MoMA(ニューヨーク近代美術館)でも売られたり。
涼:でも、僕は、流行だけで売れたんじゃないと思う。日本人は、欧米への憧れが強いから、欧米のものに似たものを作ろうとする。でも、海外の人達にしてみ たら、秋葉原みたいなカルチャーは恐らく日本にしかないから、自分達の真似ごとをしたものなんかより、そういう独自文化を切り取った作品集の方が断然面白 くて、価値あるものとして受け入れられたんじゃないかな。日本人は、もっと自国の文化に自信を持つべきなんだよね。フランスのジャパン・エキスポに日本の アイドルが参加したりすると、「日本の恥だ」とか言う人がいるけど、タコか!と言いたい。何を恥ずかしがってるんだと(笑)。堂々と応援して、どんどん海 外に紹介するべきなのに。
Julie:あー、私もそう思います。

 

 

Ryo: Then ‘Samurai Girl’ came about. But why did you choose otaku culture?
Julie:I chose it ’cause, well, I am otaku. Since elementary school, I’ve been making doujinshi (fan magazines) and had a dream of becoming a manga artist. But I was no good (Ha, ha!)。 Photography though, even if you’re bad at drawing, you can still take pictures, right? And better still, if you use a PC and combine the photos with CG, you can get the exact image you wanted. I thought that was cool and got completely into photography.
Ryo: Ah, so that’s why.
Julie:I’ve got another reason for choosing otaku culture as a theme, it’s ’cause, at the time, there was no collections of works that showed easily what Akihabara culture is. The only person well known for pop art and otaku art was Takashi Murakami. So I think I caught the trend pretty well. Apparently schools overseas bought a lot of copies as they wanted to put ‘Samurai Girl’ in their libraries. It sold well at MoMA (Museum of Modern Art in New York) too.
Ryo: But I don’t think it sold just ’cause it was the latest trend. Japanese look up a lot to the West and try to create stuff similar to theirs. For people from other countries, though, culture like that in Akihabara is basically only in Japan, so instead of things that look just like their own stuff, collections of works that cut into that kinda unique culture are way more interesting. I think they recognized it as something that had value. Japanese need to have more confidence in their own culture, you know? Japanese idols took part in the Japan Expo in France and there are some people who say stuff like that it’s embarrassing for Japan and the like, but I wanna tell those people they’re not living in the real world. What are they so ashamed of? (Ha, ha!)。 We should be proudly supporting that kind of culture and introducing it more to other countries.
Julie:Yeah, I think so too.

 

 


©KIDDY LAND Rilakkuma
©2012 SAN-X CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

― マルチな活動で知られるJulieさんですが、今のメインのお仕事は、写真、ですか?
Julie:はい。写真で生計を立てています。ただ、『Samurai Girl』は売れたものの、日本に帰国しても仕事がないんです。だから、バイトをしなきゃ、ということになって、アイドルの経歴を利用してイベントコンパ ニオンをやったんです。そのうちレースクイーンもやるようになり、グラビアの仕事も来るようになって、いつの間にか、「あれ?これってアイドルなんじゃな い?」という状況になっていました。でも、一度諦めたアイドルという夢をもう一度やり直すんだったら、今度は事務所側が用意したレールに乗るんじゃなく て、完全に自分主導じゃなきゃダメだと思い、「天野あい」という別人格をコンテンツとして作りあげました。今はアイドルのお仕事はお休み中なんですけど。
― 天野あい、という名前は…。
Julie:桂正和さんの『電影少女』に出てくる天野あいからとっています。ビデオガールみたいに、画面の中から出ない設定にしようと思って。
涼:Julieちゃんってやっぱりヲタクなんだね。
Julie:ヲタクなんですよねー、完全に(笑)。そう言えば私、ネットのおかげで仕事があるんです。以前、ファービー人形を改造する動画っていうのをYouTubeにあげたんですよ。
涼:どういうこと(笑)?
Julie:メイド服を着て、ファービー人形を解体して、言語回路を変えるっていうパフォーマンスなんですけど、世界中のギーク達がアクセスしてくれたみたいで、20万回以上、再生されて。それがきっかけでギーク系の電子工作のお仕事をいただけるようになったり。
涼:そうなんだ。
Julie:私の仕事が多様なのもネットのおかげで、「やってみたい!」と思ったらとりあえずやってみて動画をネットにあげて、評判になるかどうかを見るんです。この方法だと、短時間で結果がわかるんです。実験の繰り返しですね。
涼:面白い。見習いたい(笑)。『Samurai Girl』もそうだけど、世界に知られているというのはとても価値があることだと思う。
Julie:ありがとうございます。

 

 

―Julie, you’re involved in lots of things, but is photography your main work at the moment?
Julie:Yeah, photography’s how I’m earning my living. But even though ‘Samurai Girl’ sold, when I got back to Japan there was no work for me. So I had to get part-time work and, using my experience as an idol, I got a job as a promotional model. Then I started being a race queen (pit girl), gravure work came in too, and I suddenly realized this was all idol stuff I was doing. But if I was going to restart my dream of being an idol, this time I wouldn’t do it on rules decided by an agency, I’d do it on my own terms so created a different character for myself called Ai Amano. I’m not doing idol work at the minute though.
―That name, Ai Amano…
Julie:I took it from the main character of Masakazu Katsura’s ‘Video Girl Ai’. I wanted to program myself to be like a video girl who doesn’t come out of the screen.
Ryo: You’re definitely otaku, aren’t you, Julie?
Julie:Yeah, I’m a complete otaku. (Ha, ha!) 。You know, it’s thanks to the Internet that I have work. A bit back, I put a video of myself on YouTube modifying a Furby.
Ryo: Doing what? (Ha, ha!)
Julie:I got dressed up in a maid outfit, dismantled a Furby and changed its language circuits. It seems a lot of geeks around the world have accessed it, it’s had over 200,000 views. That video led to getting geekish electronic engineering work.
Ryo: Is that right?
Julie:My work is really varied thanks to the Internet. When I find something I wanna do, I just try, then put the video up and see what response it gets. That way I can get a result in a really short time. I just keep experimenting.
Ryo: That’s cool. I can learn from that (Ha, ha!) 。’Samurai Girl’ is the same, but there’s also a lot of value in the fact that you’re known around the world.
Julie:Thank you.

 

 

思い付きでしかなかった価値のないものが、価値のあるものに変わった – 石川涼
Something I did on a whim, that had no value, turned into something valuable – Ryo Ishikawa

 

 

涼:僕は、より多くの人に、「VANQUISHってこんな面白いことやってるんだ」と思ってもらうこと、つまり、ブランドのロイヤリティを上げていくことが、これからの時代、ますます重要になると思っていて…。この話をしてて、ある話を思い出したんだけど…。
Julie:何ですか?
涼:例えば数十億の規模で、もっぱら日本国内で展開しているアパレルの企業があったとして、その会社の年間のプロモーション予算が1億だったとする。一方 で、プロモーションに年間30億使える、数千億の規模で世界展開しているアパレル企業があって、30億のうち1億が日本向けのプロモーションに使えたとす る。
Julie:はい。
涼:インターネットが出現する前までは、同じ1億でも、数十億の規模の日本の企業の方が、より効率良く、効果的に使うことができた。なぜなら自分達の国だ から、海外の企業よりお客さんをよく知っているし、よく見えてるから。でも今は、インターネットが普及して、プロモーションの主戦場がネットになっている から、国を問わず、世界中の人が同じプロモーションを見ることになる。つまり、ひとつのプロモーションで世界中を網羅できるようになった。
Julie:あー、そうか。
涼:だから、日本でしか展開していない数十億の企業の1億では、数千億の企業の30億のプロモーションに勝てなくなっちゃった。1億で作ったものより30億かけて作ったものの方が絶対に面白いから。
Julie:これはかなり深い話ですね。 
涼:って猪子ちゃん(※1)に教えてもらった(笑)。そうなってくると、日本の中でしか仕事をしていない会社は、外資にどんどん食われてしまうと思う。
※1:ウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表の猪子寿之氏

 

 

Ryo: I want more people to know what cool stuff VANQUISH is doing, I wanna increase brand loyalty’cause it’s gonna become more important in this coming age. Talking about this, there’s something I just remembered…
Julie:What’s that?
Ryo: So like, there’s a several billion yen apparel business operating exclusively in Japan and that company’s promotion budget is 100 million yen. Then you have a several 100 billion yen apparel business that operates globally and spends 3 billion yen on promotion, 100 million yen of which is used on promotion in Japan.
Julie:OK.
Ryo: Before the Internet appeared, the Japanese several billion yen company would have been able to use that same 100 million yen more efficiently and effectively. That’s ’cause Japanese customers would know the domestic company better than the overseas one and it would be more visible. But now, the Internet has spread and the battlefield for promotion has moved online, it doesn’t matter which country as people from all around the world can see the same promotion. That basically means the same one promotion can cover the whole world.
Julie:Ah, you’re right.
Ryo: So, the 100 million yen of the several billion yen company that only operated in Japan can’t win against the 30 billion yen promotion of the several 100 billion yen company, ’cause the promotion that uses 30 billion yen is definitely gonna be more interesting.
Julie:That’s true.
Ryo: So when it comes to this, companies that only operate in Japan are gonna keep getting eaten up by foreign capital.
Julie: This is a pretty deep conversation.
Ryo: Inoko told me about it. (Ha, ha!)*1
*1 Toshiyuki Inoko, President of teamLab Inc, an ultratechnologist group

 

 


©KIDDY LAND Rilakkuma
©2012 SAN-X CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

Julie:私もそう思います。例えばアップルが新しいコンセプトのデザイン性の高いテレビを出したりしたら、日本の家電メーカーは危ないでしょうね。
涼:だから僕は今、海外進出のために、明確な予定がなくてもとにかく海外に行くようにしてて。日本には月に10日くらいしかいないかな。国ごとの特性は、やっぱり実際に現地に行ってみないとわからないから。
Julie:国ごとに慣習が違いますからね。
涼:あとは単純に、世界の人に自分達のことを知ってもらったり、世界を巻き込んで仕事したほうが楽しいしね。
― Julieさんは、カメラマン、クリエイターとしてメジャー志向はあるんですか?
Julie:うーん、でもやっぱり、ありますね。たくさんのお金を使った作品を作ってみたいという夢はあります。
― 夢、という言葉が出てきたところで、お二人に伺います。仕事の予定、という意味ではなく、今後やってみたいことを教えて下さい。
涼:数ヶ月前にやりたいと思って忘れてたことを、Julieちゃんと話してて思い出した!ニコニコ動画!一番やりたいのは、高校生とか大学生からの相談を受ける、みたいな番組(笑)。すぐやりたい!
― Julieさんの今後やってみたいことは何ですか?
Julie:なんだろう…。編集プロダクションのイメージなんですけど、仕事のできる可愛い女の子のスタッフがいっぱいいて、私がぼーっとして仕事をサ ボったりしてるとしっかり注意してくれて…。そんな事務所を作るのが夢なんです。私、頑張ってる可愛い女の子が大好きなんです。そういう環境で楽しくモノ づくりがしたいです。
涼:可愛い女の子がいっぱい…。すぐ出資する(笑)!僕もそこにいることになるけどね。
一同 (笑)

 

 

Julie:This is a pretty deep conversation. But I agree. Like, if Apple came up with a new concept for a really cool design of TV, that would be fatal for Japanese electronic makers, right?
Ryo: That’s why now, even though I don’t have a clear plan, I’m aiming at doing business abroad so we can expand overseas. I’m probably only in Japan about 10 days a month, ’cause if you don’t go to the actual work location you can’t understand the characteristics of each country.
Julie:The customs are different for each place, right?
Ryo: That, and, more simply, I want people around the world to know who we are and, well, involving the world makes work more fun, you know.
―  Julie, are you hoping to make it big as a photographer and creator?
Julie:Um, yeah I hope so. My dream is to create a work that’s had a lot of money put into it.
―Now that you mention dreams, I’ll ask both of you. What do you want to try doing in the future and I don’t mean work plans?
Ryo: There was something I thought of doing a couple of months back, but I’d forgotten about it till I talked to Julie! Nico Nico Douga (a Japanese video sharing site)! I really wanna do a program giving advice to high school and university students, that kinda thing. (Ha, ha!)。 I wanna do it right away!
―What do you want to try doing from now on, Julie?
Julie:Hmm, what do I wanna do…? I’ve got an image of doing editing production, I’d have lots of cute girls on the staff who can work, and when I start zoning out and not getting on with work they’d make sure I get back on it. I’d like to make an office like that. I like cute girls who try to do their best. I wanna have fun creating stuff in that kind of environment.
Ryo: Lots of cute girls… I’ll invest in it right now! (Ha, ha!)! But it means I’ll be in that office too!
Everyone: (Ha, ha!)

 

 

― 最後に、こちらもお二人にお聞きします。これまでのご自身の仕事の中で、もっとも大きかったものは何だと思いますか?
Julie:大きな仕事だったのかはわからないですけど、何かをカタチにする、それも初めて、という意味で、やっぱり『Samurai Girl』を出したことですね。そもそも初めはどうやって出版すればいいかもわからないですし、何者かもわからない20歳そこそこだった私を信じてもらっ て、お金を出してもらわないといけないですからね。本当に大変でした。
涼:僕は、なんだろうな…、一番大きな仕事…、うーん…、やっぱり…、VANQUISHを作れたこと、かな。
Julie:ああー。
涼:例えば昨日も、海外のゲスト何人かと食事をしてたんだけど、その中にいた、まったく知らない60歳くらいの外国人から「あなたがVANQUISHの リョウ・イシカワですね」と声を掛けられて。しかも僕のことをすごく詳しく知ってくれてて。思い付きでしかなかった、その時点ではなんの価値のなかったも のが、いつの間にかたくさんの人の認知を得て、価値があるものに変わっているということが面白い。とても不思議な感覚だけど。
Julie:今日お話をさせていただいて、涼さんは、きっと楽しんでお仕事をされているんだろうな、と思いました。もちろん大変なことやつらいこともたくさんあったと思うんですが…。

 

 

―Finally, here’s another question for both of you. What’s been your biggest work up till now?
Julie:I’m not sure if it was a big job, but I guess it’d have to be releasing ‘Samurai Girl’ as it was the first time I made something into a form. To begin with, I didn’t know what the best way was to get something published, then someone had to trust me, I was 20-something at the time, and provide the money for it. It was really difficult.
Ryo: What would it be for me…? My biggest work, um, yeah, it’d have to be creating VANQUISH, I guess.
Julie:Aah.
Ryo: You know, I was having dinner with some visitors from overseas yesterday and one of them, someone in their 60s who I’d never met before, said "You’re Ryo Ishikawa of VANQUISH, aren’t you?". He knew a lot about me too. It’s really cool that something that I just did on a whim, that didn’t have any value at the time, has suddenly become something valuable that lots of people know about. It’s a strange feeling too though.
Julie:Talking with you today, Ryo, I can tell you really enjoy your work. I’m sure there are difficult and tough moments too, but…

 

 

涼:僕ね、つらいって思ったことが一度もないんだよね。
Julie:えぇ!?
涼:会社もそうだけど、すべて自分で始めたことだし、大変なことがあったとしても、それをやらなきゃ次に行けないっていうことがわかってるから。やらされてるわけじゃない、っていうことかな。
Julie:つらい、つらくないじゃないと。
涼:そう。でも、楽しそう、って言ってくれたけど、実は最近、感動するっていうことがほとんどなくて…。
Julie:そうなんですか?
涼:10代の頃に雑誌とかを読んで憧れてた状況、つまり、ブランドを持って、自分が雑誌に出たり、テレビに出たりということが現実になって、いつの間にか そういう状態が普通になってしまって…。そうなると、感動がなくなっちゃうんだよね。感動するなんて年に1回、あるかないか…。でもこの前、海外にいた時 に…、いや、この話はできない!
Julie:教えてください(笑)!
涼:国は忘れちゃったんだけど、一人でタクシーに乗って、車窓の街並みを何気なく眺めながら考え事をしてたら、これまでのこととか、色んなことが急に頭の中をブワーって駆け巡って…。
Julie:駆け巡って…。
涼:泣きそうになっちゃったんだよね(笑)。地元にずっと残ってたら到底想像できないような現実が今あって、こうやって好きな時に海外に来れて、好きなことができるという…。そう思った瞬間、「幸せだな」と思って、泣きそうになった。年取ったのかも(笑)。
Julie:そんな瞬間を味わえるように私も頑張ります!

 

 

Ryo: You know, there’s not a single time I’ve thought this is tough.
Julie:What?!
Ryo: I started everything, including the company, myself, so if I hit a difficult spot, if I don’t do it I know I can’t move to the next step. I guess I feel it’s not tough ’cause I’m not being made to do it.
Julie:So even though it’s hard, it’s not.
Ryo: Yeah. But even though I said it’s fun, actually recently I’ve not been getting really passionate about stuff…
Julie: Really?
Ryo: In my teens I’d read about things I wanted to do, like have my own brand, appear in magazines and on TV, and that’s happened, but from some point on that’s become normal for me… Then you stop getting impressed by stuff. I probably get really excited about something about once a year, if that… Although the last time I was abroad…ah, no I can’t talk about that!
Julie:Go on, tell us! (Ha, ha!)!
Ryo: I forget which country, but I was in a taxi by myself, just looking out the window at the city and thinking, and suddenly all these thoughts, like about everything I’ve done up till now, just came rushing in…
Julie:Rushing in…
Ryo: I almost started crying. (Ha, ha!)。 If I’d stayed in my home town I would never have been able to realize all of this, going abroad whenever I like, doing what I want… When I thought that, I felt I’m really lucky, and that made me wanna cry. I must be getting old. (Ha, ha!)。
Julie: I’m gonna do my best so I can feel that way too!