富士山の湧き水で作られた純米大吟醸 「晩喜酒 征服者」

静岡県富士宮市の郷で慶応年間から続く富士正酒造にて製造。
"酒米の王"と称される兵庫県産・最高品質の山田錦を全量使用し、富士山から約30年かけて
湧き上がる湧水にフィルターをかけ、よりなめらかに仕上げた仕込み水で作られた、
日本酒の中でも最高ランクの純米大吟醸。
甘酸っぱい果実のような味わいの中に、米の旨味と香りが際立ちます。
後味のキレの良さも特徴。通な日本酒好きのみならず、
日本酒になじみのない方にも美味しく飲んでもらえるようにこだわりました。

粋でスタイリッシュに日本酒を楽しむ新感覚のデザイン "枡"の酒器3種

日本伝統の道具、枡にこだわり、その技術と文化の伝承に努めると同時に、
現代のライフスタイルにあった"粋でカッコイイもの"として提案する大橋量器の酒器。
この"粋"な酒器にVANQUISHの活動拠点である渋谷をモチーフとした「渋」の字と犬の刻印を施した特別モデルを3種類展開。
晩喜酒 征服者とともに酒席を賑やかに演出してくれます。

渋アポロワイン

宇宙に飛んだアポロ宇宙船を彷彿とさせるワイングラスの様なフォルムは、香りを閉じ込めるために飲み口を狭くしています。
小物入れや小鉢として使うのも粋です。

渋すいちょこ

戦国武将の使う杯をイメージして作られた三角形のおちょこ。
伝統技術により生み出されたシンプルなフォルムは、2011年にグッドデザイン賞も受賞した
「大橋量器」の代表作になります。

渋Sla 徳利&お猪口セット

お酒を飲みやすく、また注ぎやすくするため、口を傾けたお猪口と徳利セット。
独特なフォルムはデザインと使いやすさの両方を追求し、酒席を賑やかに演出してくれます。

慶応年間から続く、富士山に一番近い老舗酒造 富士正酒造

1866年(慶応2年)の創業以来、
静岡県富士宮市の郷で富士山の麓という土地に根差した酒造りを続けてきた富士正酒造。
先代蔵元から継承された、伝統に囚われない新たな "感性" と "こだわりの心" で真摯に
酒造りに取り組んでいます。